アイプチについて、実際どういうものなのか長年使った私が紹介!

「アイプチ」について詳しく書いてみましたので、最低限不可欠な知識を着用する事ができます!他にも使い方(やり方や注意点)についても書いてますので、もしアイプチがしたい!という方は参考にしてくださいね。

 

こちらは初心者さんにも使いやすいアイプチです。

 

液体が半透明になってきたら、プッシャーを二重幅に押し当て、まぶたを食い込ませるようにします。

 

整形ではなく二重になる確率があるのですが、間違った使い方をしないようにしましょう。

 

二重まぶたを余裕に作る事が可能なと大人気のアイプチ。

 

アイプチとは、まぶたを一重から二重に偽装する化粧品の事を指します。

 

肌にも優しいので、敏感肌さんにも推奨です!アイプチという言葉を耳にした事があるけど、解釈が分からない・・・ってことないのですか?周囲の友達とか「アイプチ」という言葉を使っているけど、相槌を打っているだけで通例の意味合いが分からない・・・でも今さら聞くこともできないし・・・。

 

なのでアイプチという言い回しの意味として「二重まぶた化粧品」と捉えるといいでしょう。

 

アイプチは付けすぎると、完成具合が汚くなってしまうので気をつけてくださいね。

 

ノリが完全に乾いたら、完了です?何度も触ってしまうと、白い塊ができて見栄えが悪くなってしまうので気を留めてくださいね!今回使用したのは、ドン・キホーテや薬局などで簡単に手に入る「eyetalk」。

 

一重まぶたの人はアイプチを使って二重に形成することができますし、もともと二重の人でも自分の嗜好のラインをつくったりする事もできます。

 

落とす方法も手間なくで、水やお湯で落ちる事から多くの人が使っているアイテムです。

 

なりたい二重幅の位置をプッシャーを軽く押し当てながら、目を開いたり閉じたりしながら決めていきます。

 

アイプチは手軽な二重アイテムですが、水に塗れることでとれてしまうので、注意が必要です。

 

アイプチを利用し続けると、クセがついて二重になる人もいます。

 

定期的同じ箇所で使っていると、徐々に二重のラインができて二重になったという人も多々あるのです。

 

このアイプチというアイテムは通常、イミュという企業が作ったものだったのですが、今ではアイプチというと「二重まぶた形成化粧品」という趣旨となっています。

 

一重、二重、奥二重の幅を広げたい方みなさん使える方法です!初めての方もこれを見ながら練習すれば、きっと艶やかな二重ができますよ?今度使用するのは、「eyetalk」と付属のプッシャーです。

 

値段も様々な値段帯のものがあり、一般的なドラッグストアなどでも提供されています。

 

粘着力のある液体(留め剤みたいなもの)をまぶたに直接塗ることによって、目の感触を変える事ができる商品です。

 

初めての方は、なりたい二重奥行きに茶色いアイライナーで線を描いてからやるとやりやすいですよ!二重の奥行きが決まったら、アイプチをを二重ラインに沿って薄く塗っていきます。

 

海やプールに行くケースは顔を濡らさないようにしないといけませんし、突然の雨で塗れると取れることもあります。

 

慣れれば巧みにアイプチを使うことができますが、必然的に一番目はうまくいかないので不自然さがででしまいます。

 

目つきが悪いと言われる人でも直ちにに解消できるし、目元が腫れぼったい印象も解消できます。

 

アイプチは液体をまぶたに着色して、二重を作成しようコスメです。

 

一重の人は二重まぶたを形成することができ、目元は顔の印象が大きく異なる箇所なので、アイプチを使用するだけで印象がガラリと移ろいます。

 

まぶたをくっつけるのでノーメイクだと不自然さがありますが、綺麗にメイクをする事によってアイプチをしていると分からなくなるので基本的にアイプチはメイクと合わせて使います。

 

アイテープはまぶたが厚い人、奥二重の人向きのコスメです。

 

ぜひ、どちらも試して、自分に合った二重形成コスメを見つけてみてくださいね♪最初に、アイプチで製作する二重の方法をご解説。

 

加えて今頃では、アイプチ以外にもテープを使って二重を作るアイテープも大注目があります。

 

アイプチはまぶたを粘着力のある液体でくっつけるものなので、うまく使わなければ人から見た時にすぐにアイプチをしているとバレてしまいます。

 

それとまぶたがくっついているので、うまく瞬きができませんから、目が乾かすしてしまいやすくなります。

 

アイプチは、初心者の人、まぶたが薄い人向き。

 

 

今では多様なメーカーより、このような化粧品がたくさん販売しています。

 

投稿日: